ホーム>スタッフブログ>マリオネットライン・ブルドッグ顔

マリオネットライン・ブルドッグ顔

マリオネットライン・ブルドッグ顔②~効果のあるツボ~

こんにちは!本間治療院の相馬です!
 
 
 
今回はマリオネットライン・ブルドッグ顔に効果のあるツボをご紹介いたしますhappy01
 
 
まず、おさらいです。
マリオネットラインとブルドッグ顔の【原因】は何でしたか?
 
 
①下唇・下あごを下げる癖がある
 
②口角下制筋が硬くなって動きが悪くなる
 
③小頬骨筋、上唇挙筋の弱化
 
 
でしたね。
 
口角を下げてしまう力が強くなると、徐々に口角が下がってきて、
真顔でも口角が下がった顔つきになり、口角の横から下にむかってシワが生じます。
それが悪化すると、頬のたるみ【ブルドッグ顔】へと進行してしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
口角下制筋のこう縮、大頬骨筋の下口唇の分岐部のこう縮、小頬骨筋、上唇挙筋の弱化を改善し、
口周りに筋肉のバランスをとることが重要になります!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【マリオネットライン・ブルドック顔を改善するツボ】
 
けんりょう:目尻から下に下がっていき、ほほ骨の下の際
 こりょう:口元のトラブル改善:小鼻の高さと黒目のラインが交わるところ
   地倉:口角の下がりに効くツボ:口角のすぐ横
  下地倉:地倉のすぐ下にとる
きょう承しょう:頬のむくみにも効くツボ:唇の下の凹み中央から外へ1cm
 
 
 
 
 
201796174514.jpg
 
 
 
 
上記にツボを軽く押しながら、口角をゆっくり挙げる練習をしましょうwink
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【まとめ】
口角が下がり気味になると、口角のまわりにしわとたるみが生じます。
ですので、口角をさげ下げないように、日々心がけましょうhappy01
 
 
ストレスが強い生活、悲しいことばかり考えがち、落ち込みやすいなど、そのような感情が多い方は、口角を下げた表情をしがちです。表情筋の改善だけではなく、口角を下げてしまう心身の状態を改善することが必要です。
お顔は身体の鏡です。
 
口角の下がり、まりマリオネットライン、ブルドッグ顔でお悩みの方は、美容鍼灸の全身治療コースがオススメです!
自律神経の調整をし、心身を整え、本来の美しい顔を取り戻しましょうsign03
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

マリオネットライン・ブルドッグ顔①原因

こんにちは!本間治療院の相馬ですhappy01

 

 

 

今回のテーマは「マリオネットライン

ほうれい線の下で、口の横からあごにかけて伸びている“しわ”を通称「マリオネットライン」と呼びます。

 

写真①

201781621176.jpg

 

 

 

 

これが下まで進行すると・・・

写真②

201781622932.jpg

このようになります。

 

 

 

 

 

 

「マリオネット(人形)ライン(線)」

名前の由来は、腹話術などに用いられる人形の口元に似ているからです。

 

 

2017816212355.png

 

 

写真の人形は、マリオネットラインがあっても可愛いですが、

実際にお顔にあると、とても老けて見えてしまうので、口元のしわやたるみは、“美”の大敵です!!

マリオネットラインは、笑う時や喋る時に、下唇に力を入れる癖や、口角を下げる癖により作られます。

 

 

ほうれい線と混同しがちですが、原因が異なるので、対策も異なります。

まずは、原因を知りましょう!!

 

 

 

 

 

【原因】

①下唇・下あごを下げる癖がある

口角下制筋が硬くなって動きが悪くなる

小頬骨筋上唇挙筋の弱化

 

この3つにより、口角が下がり気味になり、口角のまわりにしわとたるみが生じます。

 

 

201781622260.jpg

 

 

 

下唇や下あごに力を入れる癖があると、口元を下げる筋肉が強く働き、硬くなります。また、口元(顔の下半分)が下にいく力が強くなることで、頬を持ち上げる力が弱くなり、頬全体にたるみが生じます

これがマリオネットラインの出来上がりです。

初めは①の写真のように、口の横辺りだけのしわだったのが、年々下に伸びていき、それに伴い、写真②のようにほっぺたもたるみますブルドック顔の出来上がりです。

 

 

こうなってしまうと、すごく老けて見えてしまうので、ならないよう予防しましょう!!

 

 

マリオネットライン、ブルドッグ顔に対する対策は次回!!

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ