ホーム>スタッフブログ>身体の悩み>頭痛や眼精疲労でお悩みの方に、対策方法を説明
身体の悩み

頭痛や眼精疲労でお悩みの方に、対策方法を説明

20191122145156.jpg

頭痛や眼精疲労のつらい症状に日常的に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。今回は、まず頭痛と眼精疲労がどんなものなのかをまとめ、それぞれの症状と原因を解説します。さらに簡単にできる予防なども記載していますので、ぜひ参考にしてください。

 

なお、この記事で扱う頭痛は慢性的なもので、クモ膜下出血などによる重篤な場合の対応は記載しておりません。緊急性があると思われる場合は、早急に病院で受診してください。

 

1.頭痛

1-1.「頭痛」とは?

「頭痛」は成人した日本人の3割以上が日常的に味わうという、非常に一般的な症状です。慢性化してしまっている場合は、頭痛薬を飲んで済ませているという人もいると思いますが、重い病気のサインである可能性もありますので甘く見ることはできません。普段感じたことがない頭痛や、急激な痛みがある場合は重篤な症状である可能性がありますので、早急に病院で診てもらいましょう。

 

慢性的な頭痛は、大きく3種類に分類されます。「緊張型頭痛」、「偏頭痛」、「群発頭痛」です。

 

・緊張型頭痛…頭全体、または後頭部が締め付けられるように痛む、または重苦しく痛む症状がみられます。肩こりや首こりを伴うこともあり、何か動作をすると楽になる傾向があります。

 

心身のストレスが重なることによっておこると言われており、寒い環境にいたり、眠れなかったりする身体的なストレスと、不安や心配事などが重なる時によくみられます。

 

・偏頭痛…頭の片側または両側がズキズキ痛みます。体を動かすと余計に痛みを感じ、起き上がれないほど痛むケースもあります。吐き気や嘔吐を伴うこともあり、普通なら気にしないような光、音、臭いに敏感になるケースもあります。

 

仕事の納期やイベントが終わってほっとした時にみられることが多いですが、寝過ぎた時や寝不足の時、女性であれば排卵期や生理の際にもこのような症状がみられます。激しく痛む割に、収まる時には何事もなかったかのようにスッキリ消え去ることが特徴です。また、比較的女性に多いという特徴もあります。

 

・群発頭痛…片目の奥に耐えがたいほど激しい痛みを感じ、ほぼ毎日のようにしばらくの期間繰り返されることから「群発」という名前が付けられています。群発期にアルコールを飲むとほぼ発作的に痛み、じっとしていられないほどの苦痛に襲われます。

 

自律神経に関連する脳の一部位の異常や、目の奥の血管でおこる炎症が原因と言われていますが、完全には解明されていません。

 

1-2.慢性頭痛の予防法

・緊張型頭痛の予防…できるだけ正しい姿勢を心がけることや、同じ姿勢で長時間いることを避けることなどに注意しましょう。

 

首や肩の緊張をゆるめると防止効果があります。両肩を上げたり下ろしたりする、椅子に浅く座って足を前に伸ばしてゆっくり前屈するなど、簡単な動作でも予防効果を期待できます。どちらの動作も肩に力を入れず、リラックスして行いましょう。

 

・偏頭痛の予防法…偏頭痛が起きるきっかけは個人差があるので、どんな状況で痛みが来たかをメモするようにして要因を特定し、その状況を避けてリスクの低減を心がけましょう。

 

また、睡眠が不足していたり、逆に過剰だったり、過労や空腹などは偏頭痛を誘発することがあるので避けましょう。さらに偏頭痛のきっかけになると言われるチョコ、赤ワイン、ヨーグルト、ハム、チーズなどの摂取は控えましょう。

 

1-3.ツボ刺激で頭痛に対処

・緊張型頭痛に効くツボ

「百会(ひゃくえ)」…頭頂部で、左右の耳と鼻のラインが交差する所にあるツボです。垂直を意識して真下に押しましょう。頭の血流を促進するので緊張型頭痛の痛みを緩和してくれます。

 

「天柱(てんちゅう)」…首の後ろにある太い二本の筋肉の、高さ方向では生え際あたりの少し外側にあるツボです。親指で押しても良いですが、蒸しタオルで温めても効果があります。

 

・偏頭痛に効くツボ

「攅竹(さんちく)」…眉間にあるツボで頭痛と目の疲労にも効果があります。また、緊張型頭痛であげた「百会」は偏頭痛にも効果があるので参照してください。

 

「合谷(ごうこく)」…手の甲の側で親指と人差し指が交差する所にあるツボです。心地よい程度に3秒ほど押すことで効果があります。このツボは肩こりにも良いとされています。

 

2.眼精疲労

2-1.眼精疲労って何ですか?

パソコンや細かい作業などで近い場所をじっと見ていると目に疲労を感じます。これを続けていると、近くを見る作業を続けすぎたせいで、「毛様体筋」というピントを合わせるための筋肉が緊張し続けることになります。その結果、他の距離感の物体を見てもピントを合わせられなくなる状態になり、この状態を眼精疲労と呼びます。

 

この状態がさらに進行すると、目の周囲の筋肉が硬化して血流の悪化、目の周りの冷えが始まります。するとイライラや不安を感じやすくなったり、疲労感が増したり、睡眠の質が低下したりといった症状を引き起こします。これは眼精疲労の影響で交感神経が過剰に働いているためです。

 

2-2.簡単にできる予防とケア

長時間続けてパソコンやスマホを見ることは眼精疲労に直結するので、できるだけ避けましょう。仕事上どうしても必要な場合でも、一時間に一回など間隔を決めて意識的に休憩を取り、遠くを見るなどして目を休めましょう。

 

目を閉じた状態で、蒸しタオルなどで目を温めることは眼精疲労の改善に非常に有効です。毛様体筋の緊張がゆるんで血流が改善しますので、目の疲労が取れることも実感できます。目を温めることは副交感神経を優位にする効果があり、全身のリラックスにもつながり、就寝前に行えば睡眠の質もあがります。

 

意識して瞬きをしたり、防腐剤を含まないドライアイ用の目薬を点眼したりして、目に潤いを補給しましょう。

 

費用は掛かりますが、市販のホットアイマスクなどでも同様の効果が得られますので、蒸しタオルを用意するのが難しい環境であれば利用してみてください。

 

2-3.眼精疲労に効果的なツボ

眼精疲労に効果があるツボについてまとめます。ツボを押しだけでも疲労回復効果がありますが、ツボを押す前に入浴したり、蒸しタオルで目を温めたりすれば、さらに効果的です。

 

・「攅竹(さんちく)」…目の上の骨の眉山付近にあるくぼみです。親指の腹で押し上げるように指圧すれば眼精疲労やドライアイのケアになります。

 

・「清明(せいめい)」…鼻の付け根と目の間にあります。片手の親指と人差し指でつまむように刺激しましょう。

 

・「太陽(たいよう)」…目の外側のこめかみから少し下にあるへこみです。最初は軽めに刺激し、徐々に強く押していくと眼精疲労や頭痛に効きます。

 

3. 本格的に対策したい人は鍼灸治療を受けましょう

頭痛と眼精疲労について、種類や症状、原因などを解説しました。予防方法としてツボを押すことも記述しましたが、ツボは慣れていないとスムーズに押すことは難しいため、同様にツボを扱うとしても、一般の方とプロフェッショナルの鍼灸師では、効果に差が出やすいものです。

 

そこで、頭痛や眼精疲労をしっかりケアしたいという場合には、葛飾区亀有にある「本間治療院」にご相談ください。私たちは鍼灸治療やマッサージ治療を得意としており、ツボを刺激することで数々の症例を治療してきた実績を持っています。

 

また、私たちが採用している「自律神経調整法」は自律神経を整えることで、人間が持っている自然治癒力を高めます。頭痛にも眼精疲労にも自律神経は深く関連していますから、当院の施術は頭痛や眼精疲労のケアに相性が良いです。そのため、病院や他のマッサージ院などで効果を感じられなかった方々からも、喜びの声を数多くいただいています。

 

頭痛や眼精疲労の根本対策をお考えの場合は、ぜひ本間治療院をご利用ください。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.honma-shinkyu-biyo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/149

ページ上部へ