ホーム>スタッフブログ>アトピー性皮膚炎>アトピー性皮膚炎~鍼灸で体質改善~
アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎~鍼灸で体質改善~

こんにちは!本間治療院の相馬です。

 

 

 

本日のテーマは『アトピー性皮膚炎』

 

 

 

アトピー性皮膚炎

 

 

 

201841917521.png

 

 

とてもお辛いですよね。

かゆみを伴う場合は、掻きむしることで症状が悪化し、なかなか治りづらいものです。

また、掻きむしることで、表皮に炎症が起きて発赤します。

その後、表皮は硬く乾燥しがちとなり、まぶたや肘、膝の内側、首など掻きむしった部分は、皮膚が茶色くなってしまいます。これが色素沈着です。一度色素が沈着すると、元の綺麗なお肌に戻るには時間がかかります。

 

アトピーは、全身に出る方、顔から首に出る方、腕や足だけに出る方、様々です。

 

東洋医学では、アトピー性皮膚炎は皮膚だけの問題ではなく、胃腸、大腸、水分代謝の問題があると考えます。

アトピー性皮膚炎を完治するには、内服薬と外服薬だけではなく、体質改善が重要になります。

 

 

鍼灸治療では、炎症が起こっている皮膚自体に施術をすることで、

遅くなっている皮膚のターンオーバーを促進し、綺麗な肌に生まれ変わるのを手伝います。

 

それとともに、全身治療をすることで、アトピー性皮膚炎を起こしにくい体質へと改善します。

 

 

 

 

東洋医学では、アトピー性皮膚炎を大きく2つのタイプに分けて考えます。

 

 

便秘タイプ

便秘により、老廃物・熱がたまり、皮膚症状をこじらせる。

暑がり、水分を欲しがる、のぼせやすい、尿が少ない、便秘、舌が赤い・・・

胃腸の調子(特に大腸)を整え、デトックスを促し、老廃物・熱を外に排出出来るような治療が必要。

 

 

水分代謝不良タイプ

水分代謝が悪く、老廃物が溜まり、皮膚症状をこじらせる。

寒がり、水分を摂るのが苦手、痰が出やすい、舌がぼてっと大きく側面に歯の痕が付きやすい、軟便もしくは軟便と便秘を繰り返す、むくむ、食欲不振、胃が重くなりやすい・・・

水分代謝を改善させ、老廃物を排出しやすくする治療が必要。

 

 

 

 

お薬だけでは、アトピーがなかなか改善しない方、鍼灸治療で根本治療をしてみませんか?

 

一ヶ月、三ヶ月、半年と、お肌が変わっていくのを実感していただけるはずです。

ご相談はお気軽に(*^^*)

 

 

 

 

アトピー、ほうれい線、マリオネット線、顔の歪み、しわ、たるみ、むくみ、ニキビでお悩みの方は自律神経調整を得意とする

足立区・葛飾区の美容鍼灸は鍼灸指圧専門「本間治療院」まで

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
東京都葛飾区亀有5-15-6

当院facebookはこちら⇒クリック

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.honma-shinkyu-biyo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/116

ご予約はこちら

ページ上部へ