ホーム>スタッフブログ>2018年4月

2018年4月

【乾燥肌について】

 

こんにちは!!

本間治療院の榊原です(^^)/

 

 

 このシリーズは、お肌のタイプ別に適したスキンケア商品について

お話ししますが、今回から3回分はお肌の種類を

【乾燥肌】【敏感肌】【オイリー肌(脂性肌)】に分けてお話致します!

今回は、この中の【乾燥肌】についてお話致します!

 

インターネットで自分の肌のタイプについて

調べたかたも多いかもしれませんが

このブログを通じて、

「はぁ、なるほど!実はそうだったんだ!」と

新しい発見をしていただけたら幸いです(^〇^)

 

 

 

そもそも乾燥肌とはどんな状態??

 

角質層には20%の水分がありますが

これより水分が少ない状態のことも【乾燥肌】といいます。

 

又、あらゆる刺激を受けやすく

水分が蒸発しやすい状態でもあります。

天然保湿因子(NMF)が通常より少なくなっているため

お肌の潤いが不足している状態とも言えます。=お肌のバリア機能が低下している状態。

 

バリア機能が低下していると

外からの刺激を受けやすいだけでなく

お肌のターンオーバー(新陳代謝)の

サイクルが乱れてしまう。

それによって、お肌の潤いを抱え込む力が低下するため

結果的に、肌あれや老化の原因になります。

 

 

どうして乾燥しやすいの?

しっかり育っているはずの角質細胞が

十分に成長しきれなくなっているのが主な原因です。

お肌の乾燥は、角質層にあるべき保湿成分が不足しています

(特に天然保湿因子(NMF)が不足しがち)

これが不足していると・・・

・水分が足りない

・お肌がカサカサする

・お肌が硬くなる

・お肌にツヤがなくなる

などの症状が出てきます。

 

※天然保湿因子(NMF)

=角質層の中にある水溶性の成分の一つ。

 多くの水分を保持できる因子のこと。

*この天然保湿因子(NMF)と密に関係しているのが

 ケラチン線維です。

※ケラチン線維

 =たんぱく質でできている。

  外的ストレスにさらされると糖化・酸化を

  受けやすい状態になってしまいます。

 

 

乾燥してしまった肌は

どう保湿すればいいの?

お肌の乾燥が起こる原理も一緒に説明すると、、、

 

空気中の湿度が下がる

       ↓      

お肌の角質層から水分が急激に蒸発しやすくなる

       ↓      

水分が蒸発しないように、繋ぎ止めたい!

       ↓      

セラミドなどの保湿物質たちをお肌に補給してあげる

       

乾燥してしまった肌にうるおいが戻る!(一時的に)

 

こうなります。

これはとても簡単に説明したものですが、

こう思った方はいませんか?

 

 

私がしている保湿方法は合っているのかな?

保湿って化粧水をつけて乳液をつけていれば

できているものじゃないの??

実は・・・

お肌にただの化粧水を与えて

乳液で蓋!では保湿はできていません・・・。

乾燥しがちな油分が多く含まれている乳液には

水分を保持する力は低いのです!

ただ、乾燥しているお肌は通常のお肌の水分量よりも

低下している状態なので通常レベルまで

化粧水で水分を入れてあげるのはいいことです。

 

では、何がいけないのか。

 

ここで重要なのはお肌にただの水をたくさんいれたところで

お肌の水分が余計に蒸発していまうため逆効果だということ

 

ただの水ではなく、

角質層で水分を蓄える働きを持つ『保湿成分』が

配合された水(化粧水)を選ぶのが大切なのです!

 

 

※代表的な保湿成分※

保湿成分は主に3つのタイプに分けることができます!

・水分をはさみ込むタイプ

セラミド、スフィンゴ脂質(シフィンゴリビット)

水素添加大豆レスチン、ステアリン酸コレステロール

 

・水分を抱え込むタイプ

ヒアルロン酸、コラーゲン

エラスチン、ヘパリン類似物質

 

・水分を掴むタイプ

天然保湿因子(NMF)、PG(プロピレングリコール)

グリセリン、1.3BG(ブチレングリコール)

 

 

 

又、真皮まで浸透できる物質はほとんどないと

されてきました。

ですが、真皮まで浸透できるビタミンはあります!!

主に効果が高いのは以下の3つです!

・ビタミンC誘導体

・ナイアシン(ビタミンB2)

・レチノール(ビタミンA)

 

上記のビタミンの内容や他の記事をみて

こう疑問に思った方、いませんか?

 

 

真皮まで浸透するしないって話がでてるけど

真皮まで浸透してなにが良いの?

私も初めはこう思っていました。

真皮まで浸透できると真皮層にある

線維芽細胞(コラーゲン、エラスチンetc)の働きを活性化できます。

 

線維芽細胞(コラーゲン、エラスチンetc)が活性化されると

コラーゲンをつくる働きを促進できるのです!

 

コラーゲンは食べ物からだと

なかなかお肌には影響が出ませんが

かといって、お肌の表面からだと物質の大きさが大きすぎて真皮まで入れません。

 

だからこそ、真皮まで浸透できる物質はレアなのです!

・ビタミンC誘導体

・ナイアシン(ビタミンB2)

・レチノール(ビタミンA)

のお話は別のブログにてアップしますので

お楽しみに!!

 

 

 

(ここだけの話・・・)

化粧品に含まれている『コラーゲン』は人間の肌に

浸透してなじむことはできないってご存知ですか?

けれど、化粧品に含まれているコラーゲンは

角質層の水分を保つ作用もあるので

角質層の水分保持を目的に化粧品を探している方には

オススメですね!

 

 

<最後に>

ただの化粧水を使用していることが

悪いことではありません!

もちろん、乾燥しているお肌に対して

通常レベルに達するまで水分を与えるのはいいことです。

ただ、過剰に水分を与える必要はなく

必要以上に水分を与えてしまうとせっかく与えた水分が

外気との関係で蒸発してしまい

乾燥肌の状態に逆戻りしてしまいます。

 

であれば、[保湿成分]が配合されたものを使用したほうが

一石二鳥ですよね(^^)

というお話でした!!

しっかり保湿もでき、乾燥しづらい肌にもなりますからね!

 

次回は【敏感肌】についてお話いたします!

 

 

リフトアップ、エラ張り、顔のたるみ、シワ、むくみ、ニキビ、肌荒れ改善

自律神経調整を得意とする

足立区・葛飾区の美容鍼灸は鍼灸指圧専門「本間治療院」まで

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
東京都葛飾区亀有5-15-6

当院facebookはこちら⇒クリック

 

アトピー性皮膚炎~鍼灸で体質改善~

こんにちは!本間治療院の相馬です。

 

 

 

本日のテーマは『アトピー性皮膚炎』

 

 

 

アトピー性皮膚炎

 

 

 

201841917521.png

 

 

とてもお辛いですよね。

かゆみを伴う場合は、掻きむしることで症状が悪化し、なかなか治りづらいものです。

また、掻きむしることで、表皮に炎症が起きて発赤します。

その後、表皮は硬く乾燥しがちとなり、まぶたや肘、膝の内側、首など掻きむしった部分は、皮膚が茶色くなってしまいます。これが色素沈着です。一度色素が沈着すると、元の綺麗なお肌に戻るには時間がかかります。

 

アトピーは、全身に出る方、顔から首に出る方、腕や足だけに出る方、様々です。

 

東洋医学では、アトピー性皮膚炎は皮膚だけの問題ではなく、胃腸、大腸、水分代謝の問題があると考えます。

アトピー性皮膚炎を完治するには、内服薬と外服薬だけではなく、体質改善が重要になります。

 

 

鍼灸治療では、炎症が起こっている皮膚自体に施術をすることで、

遅くなっている皮膚のターンオーバーを促進し、綺麗な肌に生まれ変わるのを手伝います。

 

それとともに、全身治療をすることで、アトピー性皮膚炎を起こしにくい体質へと改善します。

 

 

 

 

東洋医学では、アトピー性皮膚炎を大きく2つのタイプに分けて考えます。

 

 

便秘タイプ

便秘により、老廃物・熱がたまり、皮膚症状をこじらせる。

暑がり、水分を欲しがる、のぼせやすい、尿が少ない、便秘、舌が赤い・・・

胃腸の調子(特に大腸)を整え、デトックスを促し、老廃物・熱を外に排出出来るような治療が必要。

 

 

水分代謝不良タイプ

水分代謝が悪く、老廃物が溜まり、皮膚症状をこじらせる。

寒がり、水分を摂るのが苦手、痰が出やすい、舌がぼてっと大きく側面に歯の痕が付きやすい、軟便もしくは軟便と便秘を繰り返す、むくむ、食欲不振、胃が重くなりやすい・・・

水分代謝を改善させ、老廃物を排出しやすくする治療が必要。

 

 

 

 

お薬だけでは、アトピーがなかなか改善しない方、鍼灸治療で根本治療をしてみませんか?

 

一ヶ月、三ヶ月、半年と、お肌が変わっていくのを実感していただけるはずです。

ご相談はお気軽に(*^^*)

 

 

 

 

アトピー、ほうれい線、マリオネット線、顔の歪み、しわ、たるみ、むくみ、ニキビでお悩みの方は自律神経調整を得意とする

足立区・葛飾区の美容鍼灸は鍼灸指圧専門「本間治療院」まで

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
東京都葛飾区亀有5-15-6

当院facebookはこちら⇒クリック

 

 

 

 

 

表情(あご・口元)の歪み~美容鍼灸で改善②~

こんにちは!本間治療院の相馬です(*^^*)

 

東京は、ピンク色の満開の桜から青々とした葉桜となり、春を彩ってくれています。

 

 

昼間はポカポカ陽気でも、朝晩は冷え込んだり、

最高気温が前日と10度も違うなど、まだまだ寒暖差が大きい時期です。

風邪を引かないように、自己管理はしっかりと行っていきましょうね♪

 

さて、本日は前回の話の続きをしたいと思います。

 

美容鍼灸を受けにくる患者さんはリフトアップしたい!小顔になりたい!

二重あごをどうにかしたい!ほうれい線をなくしたい!

目のくま、目のシワをどうにかしたい!という方がほとんどです。

 

が、よくよく見てみると、右と左でほうれい線の深さや長さが異なっていたり、

右の口角は上がるのに、左の口角だけを上げようとしても上がらないケースがあります。

患者さんご自身は、ほうれい線の左右差は気になっていても、

口角の上がり方は意識したことが無い方が多いように思います。

 

ですが、ほうれい線を改善するにあたり、”口角の上がり方に左右差があるかどうか”が重要なポイントなのです。

本人は左右の違いに気付いていない場合も、

「右の口角を上げてくださーい。」「左の口角を上げてくだーい。」と

右左それぞれ口角を上げてもらう簡単なテストをすると、目に見えて結果が出ます。

 

左右共に上がりはするが、高さが異なる。

右が全く上がらない。

左を上げようとすると、プルプル震えて上げづらい。

左右共に全く上に上がらず、横にしか口角が動かない。

 

 

など、人それぞれ状態は異なります。

 

 

 

口角の高さが違う

前回も載せましたが、こちらのAさんは、

左(本人からして)のほうれい線に比べて、右のほうれい線が深く

左よりも右の口角が上がっています

 

 

 

20181114161819.png

 

 

 

これは、口輪筋】【上唇挙筋】【小頬骨筋】【大頬骨筋】【口角挙筋】などの口角を引き上げる筋肉が、(本人の)左より右の方が発達し、(本人の)左側の筋肉が働いていないので、左右差が生じて口元が歪んで見えているのです。

 

 

 

20177522506.jpgのサムネイル画像

 

 

 

口角の高さが違う、無意識に顔が傾いてしまう

こちらのBさんは、(本人からして)左上がりに口元が歪んでいるのがわかると思います。

 

 

 

20181114161849.jpg

 

 

 

Bさんは、口角の左右差だけでなく(本人からして)顔自体が右下がりの左上がり(右に首をかしげている状態)になりがちです。口角を挙上する筋肉だけでなく、顔を支える首や肩の筋肉のバランスを整える治療が必要です。

 

 

 

 

 

笑った時、下の歯の見え方が左右で異なる

こちらのCさんは、やや斜めに写っておりますが・・それを差し引いたとしても

口元が歪んでいるのがわかりますよね。

 

20181114161914.jpg

 

 

Cさんは、口角が上よりも横に広がっていることと、下の唇の歪みが強いのが特徴です。

(本人からして)右側の下の歯が見え、左側の下の歯は見えていません。

 

おそらく下顎が(本人からして)右にズレています。

そして、唇を下に下げる筋肉が左に比べ、右がとても強くなっています。

口周りの筋肉のバランスを整える治療と、顎関節のズレを改善する治療を同時にする必要があります。

 

Cさんのように右の下唇を下げる筋肉(口角下制筋)が働き過ぎていると、ほうれい線の下にもシワが出来ます。

これがマリオネット線(マリオネットライン)です。

 

 

 

2018411195615.jpeg

 

 

 

唇を尖らせる癖(アヒル口)がある方は要注意です。

唇を尖らせる行為とは、通常では力を入れることのない下唇にすごく力を入れる行為です。

ですので、不必要に口角下制筋が発達・萎縮し、マリオネット線の原因となります。

 

 

マリオネット線が出来てしまうと、一気に老け顔になります。

で、このマリオネット線、くっきり出来てしまうと、ほうれい線よりも改善しにくいので厄介です。

下唇に力を入れてしまう癖がある方は、一刻も早くやめてください。

癖って中々抜けにくいものですので、意識し続け、少しずつ改善してくださいね(^^)

 

 

 

 

 

まとめ

口元に歪みがある方は、顎関節にズレがある方がほとんどです。

ですので、表情筋のバランスを整えるだけではなく、顎関節の治療に加え、首肩の筋肉も治療が必要になるので、全身治療をする必要性があります。

 

 

 

 

 

 

関連ブログ⇒表情(あご・口元)の歪み~美容鍼灸で改善①~

 

      ほうれい線①~原因~

      ほうれい線②~効果のあるツボ~

      ほうれい線、マリオネット線は、間違った笑い方で出来る!

 

      マリオネットライン・ブルドッグ顔①原因

      マリオネットライン・ブルドッグ顔②~効果のあるツボ~

   

 

 

 

 

ほうれい線、マリオネット線、顔の歪み、しわ、たるみ、むくみ、ニキビでお悩みの方は

自律神経調整を得意とする

足立区・葛飾区の美容鍼灸は鍼灸指圧専門「本間治療院」まで

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
東京都葛飾区亀有5-15-6

当院facebookはこちら⇒クリック

表情(あご・口元)の歪み~美容鍼灸で改善①~

こんにちは!本間治療院の相馬です\(^o^)/

 

満開だった桜も散り、ポカポカ陽気が増え春が深まってきました。

しかしながら、朝晩は涼しい日もありますので、

風邪を引かないように体調管理にはくれぐれも気をつけてくださいね。

 

 

 

本日は、お悩みに多い、【お顔の歪み】についてお話したいと思います!

 

 

【口元の歪み(口を閉じても左右差がある、笑うと口角の左右差が目立つ)】

①顎関節の問題(上顎と下顎が上下左右にずれている)

②口周りの筋肉(口輪筋、頬筋、上唇挙上筋、下唇下制筋、口角下制筋など)のアンバランス

20181114161633.jpg

 

 

 

 

 

【左右の目の違い】

右または左のまぶたが重い、分厚い(眼瞼挙筋腱膜、眼輪筋)

 

 

【眉毛の高さ】

右または左の眉が上がりやすい

 

 

【左右でほうれい線が異なる】

右または左のほうれい線が長い、深い、横へ広がっている

 

 

 

など、お顔の歪みといえども、様々です。

 

 

美人顔とは、左右対象のお顔です。

 

 

自分の顔の歪みに気付いてる方と、そうでない方がいます。

綺麗な顔をしていても、笑った時に口元が歪んでいたり、

しゃべる時に口が歪んでいると、とても気になるものです。

 

 

自覚されてる場合でも

鏡を見るたびに、左右の歪みが気になる方もいれば、

鏡を見ても気にならないけど、写真を見ると左右の歪みが気になる

など、

左右の違いが気になるわけです。

 

生まれつき耳の高さや目の高さが違う場合もありますが、

表情の癖による筋肉の使い方の偏り、筋肉が硬い、動かない、動きすぎる・・・など

 

顔の左右差、歪みは筋肉の問題がほとんどです。

 

顎や筋肉の歪みによる、表情の歪みは美容鍼灸で改善することが出来ます。

 

 

詳しくは、後日述べたいと思います(^o^)/

 

本日は、さらっとですが、ここまで。。

 

 

 

 

関連ブログ⇒表情(あご・口元)の歪み~美容鍼灸で改善②~

 

 

顔の歪み、ほうれい線、しわ、たるみ、むくみ、ニキビでお悩みの方は

自律神経調整を得意とする

足立区・葛飾区の美容鍼灸は鍼灸指圧専門「本間治療院」まで

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
東京都葛飾区亀有5-15-6

当院facebookはこちら⇒クリック

 

 

ページ上部へ