ホーム>スタッフブログ>スキンケア>*自分に合ったクレンジング編*
スキンケア

*自分に合ったクレンジング編*

 

こんにちは!

本間治療院の榊原です(^^)/

 

今回は、知ってそうで実はよくわからない

美容のお話を致します!!

 

 

自分は一体どういう肌のタイプで

どんな洗顔や化粧水や保湿液などが合っているのか

悩んだ経験はございませんか?

 

そんな方必見!!!

 

美容液と肌質について知ろうコーナー!!!

いえーーい!! わーい!!

 

*メイク落とし(クレンジング)*

*洗顔* *化粧水* *保湿液*

よく皆様が使われているのは

この4つが多いのではないかと思います。

 

本日は、この中のメイク落とし(クレンジング)の

種類や特徴をとても簡単に紹介します!

そして、これを参考にして次回は肌タイプ別メイク落とし(クレンジング)について

お話しするので、今回は簡易的に書きます!

 

 

メイク落とし(クレンジング)には5つの種類があります。

①クレンジングオイル

②クレンジングジェル

③リキッドクレンジング

④クレンジングクリーム

⑤クレンジングミルク

 

この5つの特徴を簡単にご説明していきます!

これを参考にして頂き、ご自分の肌に合った

メイク落とし(クレンジング)を探してみてください!

お肌への刺激は⑤が一番弱く

①が一番刺激が強いです。

刺激が強いということはお肌への負担が

大きいということになります!

お肌への負担が大きいとお肌のトラブルを招き兼ねないので

自分にあったメイク落とし(クレンジング)を見つけましょう!!

 

今回は、メイク落とし(クレンジング)の種類と

特徴についてとても簡単に説明いたします!

 

メイク落とし(クレンジング)の特徴と種類

①クレンジングオイル

・主成分は油

 メイク汚れも油性のためしかっりメイクの方に合います

・メイクになじみやすい

 

②リキッドクレンジング

・主成分が水

・水にも油にもなじみやすい

・ベタつき、ぬるつきが少ない

 

③クレンジングジェル

・主成分は大まかに3種類。

 油性、オイルイン水性、オイルフリー水性

・弾力のある質感

・肌へのなじみ良い

・肌への摩擦刺激が少ない

<油性>主成分は油。オイルをジェル状にしたようなもの。

    メイクになじみやすい。

<オイルイン水性>主成分は、水だが界面活性剤と油分を少量配合。

<オイルフリー水性>主成分が水。

 

④クレンジングクリーム

・質感がクリーム状のため、肌への摩擦刺激が少ない

・油分を多く含む

・メイク等の余分な汚れはしっかり落ち

 肌へのうるおいも無くならない

 

⑤クレンジングミルク

主成分は油とと界面活性剤活性剤

・質感はなめらか。肌に馴染みやすい

・メイクの落ち具合には期待薄

 

 

メイク落とし(クレンジング)を選ぶにあたって

とても大切なことは、普段の自分がしているベースメイクの濃さ!

これが濃いのであればオイルなどでしっかり落とさないと

汚れが落ちきらず、お肌のトラブルを招きます!

 

ベースメイク自体は薄いけど、アイメイクや口紅はしっかりめだよ!

なんて方には、ポイントメイクリムーバーと③④⑤あたりとの

併用をお勧めいたします!

 

 

この情報を用いて、

次回はお肌のタイプ別のメイク落とし(クレンジング)についてお話します!

 

スキンケア商品の謳い文句でよく目にする様な

アルコールフリー、無香料、無添加、オーガニック、植物由来・・・

なんとなくはわかるけど、正直なにがどういいんだかさっぱりわからない!

という方の為に、別の機会でご紹介しますね!

 

どうぞ!お楽しみに!!

 

 

 

リフトアップ、エラ張り、顔のたるみ、シワ、むくみ、ニキビ、肌荒れ改善

自律神経調整を得意とする

足立区・葛飾区の美容鍼灸は鍼灸指圧専門「本間治療院」まで

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
東京都葛飾区亀有5-15-6

当院facebookはこちら⇒クリック

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.honma-shinkyu-biyo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/109

ページ上部へ