ホーム>スタッフブログ>2017年2月

2017年2月

痩せても二重あごはなくならない?!

こんにちは!本間治療院の相馬ですhappy01

 

 

 

 

 

2017226212354.png

どーーーん

 

 

 

 

〝二重あご”

 

体重を落としても、なかなか解消しない悩みの一つですよね。

 

体重が増え、顔に脂肪が付くと勿論二重あごにはなりやすいですが、

モデルさんや芸能人の方のように、すらっとした体系なのに、二重あごの方って案外多いです。

 

顔の脂肪が多いから?

いえいえ!それだけではありません。

 

 

痩せているのに、二重あごができる

ダイエットを頑張って体重を落としたのに、二重あごのまま

 

 

これらの原因は、「悪い姿勢」です。

ずばり、「二重あごの原因は、猫背にあり」

 

 

姿勢が悪いまま、あごを引くとどうなりますか?

むにゅっと二重あごができあがりませんか?

 

この状態を長い時間、慢性的に行っていると、顎や首周囲の筋肉が緩み必要な緊張がなくなります。

また「むにゅ」っと飛び出た「あご肉」は消耗されず残ってしまいます。

 

 

ですので、二重あごを改善したければ、ダイエットやお顔だけのケアでは、根本的な完全にはなりません。

 

二重あごを作ってしまった原因をまず、見直し、改善することが大切です。

 

また、猫背になると、頭から足先まで歪みが生じます。

首や肩の凝りはもちろん、背中や腰、太ももの疲労や痛みまででてきます。

 

心当たりのある方は、まず日常の姿勢を改善しましょう。

 

 

ダイエットしたからといって、残念ながら二重あごはなくなりませんからねcrying

 

 

 

二重あごを改善したい方は、首や肩こり、姿勢の改善もできる

美容鍼灸全身コースをおすすめです!

 

 

 

 

 

 

 

 

2017226214330.png2017226214537.png

 

 

 

 

顔のたるみ、シワ、むくみ、肌荒れ、お疲れ顔、二重あごでお悩みの方は

自律神経調整と身体の治療を得意とする

足立区・葛飾区の美容鍼灸は鍼灸指圧専門「本間治療院」まで

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
東京都葛飾区亀有5-15-6

当院facebookはこちら⇒クリック

 

 

目と鼻をこするとくすみと赤みの原因に!

こんにちは!本間治療院の相馬ですhappy01

 

2月中旬になり温かい日が増え、梅や桃の花がちらちら咲き始めましたね!

冬が終わりを告げ、本格的に春に向けての準備が始まってきた

そんな陽気を感じ、ワクワクしっぱなしの今日この頃です。

 

 

・・・・が!!

嬉しいことだけではないのが“春”です!!

 

気温や気圧の変化による体調を崩しやすいのに加え

何と言っても日本人の強敵“花粉症”です!!

 

目のかゆみ、鼻水、くしゃみ

辛いですよね

 

美容の観点からお話しますと

花粉症の方は、注意が必要です!

目がかゆいくてかゆくて、目をこする

鼻水ズーズーで、しょっちゅう鼻をかむ

この行為、危険です!!

 

目をこすったり、鼻をかみすぎると摩擦により皮膚へダメージが。

目元は、色素沈着を起こしくすみや黒ずみの原因に。

鼻をかみ過ぎると、皮膚がめくれ、赤くなり炎症をお越しやすくなります。

この時期、まぶたや鼻がヒリヒリしだしたら「皮膚にダメージを与えてしまっている」サインです。

 

 

目は絶対こすっては駄目です!こすると余計に痒くなります!

痒み止めの目薬か、もしくは保冷剤で冷やすと痒みを和らげます。

外出時は、花粉対策用のメガネなども有効ですね。

 

鼻水がたれると、どうしても鼻をかむ必要があります。やめれませんよね。

なので、使用するティッシュを変えましょう!

最近ではソフトティッシュブームと言っても過言ではなく、様々な柔らかいティッシュが売っています。

是非、柔らかくしっとりしているティッシュを使用してください。

そして、鼻をかんでティッシュを鼻から離す時は、出来るだけ肌をこすらずに優しく鼻から離すようにしましょう。

これだけで鼻へのダメージは軽減します!!

 

 

お顔の肌は大変デリケートです。

こすらず優しく扱いましょう!

万が一、鼻のかみ過ぎで皮膚がめくれた場合は、ワセリンなどで保湿してくださいね。

 

 

美肌作りは、意識が大事shine

 

 

 

2017219214527.png

 

 

 

顔のたるみ、シワ、むくみ、肌荒れ、お疲れ顔でお悩みの方は

自律神経調整を得意とする

足立区・葛飾区の美容鍼灸は鍼灸指圧専門「本間治療院」まで

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
東京都葛飾区亀有5-15-6

当院facebookはこちら⇒クリック

 

 

 

春は、肌トラブルを起こしやすい

こんにちは!本間治療院の相馬ですhappy01

今日はとっても暖かかったですねsign03

東京では20度を超え、ポカポカ陽気

ただ、すごく風が強かったですねsweat01

千葉では上空一面に砂埃が舞い上がり、飛行機が離着陸できなかったのだとか。

恐るべし、春一番。

 

東京でも砂埃が舞っていましたね

空気中に漂う砂埃は、もちろん顔にべったり付着します

帰宅したら、優しくしっかり洗顔して汚れを取り除き、保湿ケアしてくださいね

 

 

春は、風が強く、温度差が激しい季節です。

お肌の大敵ですsad

 

強風や空気の乾燥は、お肌を乾燥させ、シワや肌荒れの原因となります。

また、乾燥するとお肌のバリア機能が低下し、めくれやすくなったりヒリヒリしたり、化粧品が合わなくなるなどのトラブルが起こりやすいです。

気温差に身体がついていけず、体調を崩しがちにもなりますので春先は要注意ですよsign01

 

 

バランスのいい食生活を心がけ、しっかり睡眠をとり、体調を崩しにくい身体作りを心がけましょう。

 

お顔は、しっかり保湿をするようにして、この時期のトラブルを防ぎ、季節の変わり目を乗り切りましょうshine

 

 

 

 

 

 

2017217215133.png

 

 

 

 

顔のたるみ、シワ、むくみ、肌荒れ、お疲れ顔でお悩みの方は

自律神経調整を得意とする

足立区・葛飾区の美容鍼灸は鍼灸指圧専門「本間治療院」まで

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
東京都葛飾区亀有5-15-6

当院facebookはこちら⇒クリック

 

冷え症改善で顔色が良くなる!?③

こんにちは!

本間治療院の相馬ですhappy01

 

今日も凄く寒かったですねsweat01

冷え症の方は特に辛い一日となりましたねdespair

 

 

今回は、前回に続き「冷え症」について。

 

足先の冷えは足を温めるだけでは治りません。

 

冷え症になってしまう原因は様々ありますが、

①腰やおしりのこり、冷え

②運動不足

③足の筋肉量が少ない

などがありますが、これらの根本は、流が悪い”ところにあります。

 

 

冷え症があるということは、全身の血流が悪いことを示します。

ということは、勿論、顔の血流も悪いので、顔の血色が悪く、くすみもでます。

 

 

また、足の冷えがある方は東洋医学でいう五臓のうち「腎」の不調を示します。

 

「腎」の不調が起こると・・

むくみ、冷え、足や腰がだるく痛む、耳鳴り、白髪化、脱毛、インポテンツ、遺精(いせい)、経血量減少、無月経、浮腫、大小便の異常などの症状がでやすくなります。

 
 
お疲れ顔と同時に、上記の症状が出ている方は、「腎:じん」の働きを良くしてあげることで、冷え症などの全身症状が改善し、顔色も良くクマも軽減します。
 
 
上記の症状や、顔色が悪い、くすみが気になる、お疲れ顔などで悩まれている方は
「腎」の働きを良くし、全身の血行促進ができる、美容鍼灸全身治療コースがおすすめですhappy01
 
 
 
顔は内臓の鏡です!
身体の不調をしっかりとり、美しい理想の顔を手に入れましょうshine
 
 
 
 

顔のたるみ、シワ、むくみ、肌荒れ、お疲れ顔でお悩みの方は

自律神経調整を得意とする

足立区・葛飾区の美容鍼灸は鍼灸指圧専門「本間治療院」まで

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
東京都葛飾区亀有5-15-6

当院facebookはこちら⇒クリック

 

冷え症改善で顔色が良くなる!?②

こんにちは!本間治療院の相馬ですhappy01

 

冷え症とは、身体が冷えている=血流が悪いことを示します。

特に心臓から遠い足先は最も冷えやすく、

「身体は温かいのに足先だけが冷たくて辛い!」と、悩まれている方も多いですよね。

 

 

顔色が悪い・くすみが気になる方は、同時に冷え症の方がほとんどです。

 

足先を触ってみてください。

冷たくないですか?

 

触らなくても「冷えている感じがする」方、

触って「冷たい!!」という方、

触ると「触った手が温かく感じた」方は、

足が冷えており、血流が悪い可能性があります。

 

 

足の血流が悪いということは、全身の血流が悪いことを示します。

となるとお顔への血流も悪くなり

顔のくすみやクマなど、いわゆる「お疲れ顔」になってしまうのです。

 

疲れてないのに、「疲れてる?」「眠そうだね」なーんて言われたらショックですよね!!

 

 

お疲れ顔にグッバイするためには、スキンケアを頑張るだけではだめです!

顔のケアだけに力を入れても、全身の血流を改善しなければ、根本的には良くなりません。

全身の血流を良くし、血色の良いチークいらずの美顔を取り戻しましょう!

 

 

お疲れ顔でお悩みの方は、全身の血流改善ができる「美容鍼灸全身治療コース」が効果的です!

 

 

 

次回は、東洋医学からみた冷え症についてのお話ですhappy01

 

 

 

 

 

 

顔のたるみ、シワ、むくみ、肌荒れ、お疲れ顔でお悩みの方は

自律神経調整を得意とする

足立区・葛飾区の美容鍼灸は鍼灸指圧専門「本間治療院」まで

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
東京都葛飾区亀有5-15-6

当院facebookはこちら⇒クリック

 

節分!!

こんにちは!本間治療院の相馬ですhappy01

今日は節分の日です!

節分の日とは、「豆をまく」「恵方巻きを食べる」ばかりが注目されますが、

本来「節分」は、「季節を分ける」という意味があります。

翌日の2月4日は「立春」です。

春を迎えます。

その前日を「季節の分かれ目」として「節分」というのです。

今では「節分の日」といえば、「2月3日」のイメージですが、

立春、立夏、立秋、立冬の前日が「節分の日」にあたるので、

節分の日は実は年4回あるのです。

 

 

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、

それを追い払うための悪魔祓いを行っていたそうです。

この風習は大阪発症という説があり、

私自身大阪出身なので、子供の頃から節分の日は特別な日だったので

はしゃいでいたのを覚えています。

 

 

玄関の入り口や門などに鬼払いとして、柊(ひいらぎ)の枝と焼いた鰯の頭を飾り、

玄関をはじめ全ての窓から「鬼は~外!福は~内!」と豆まきをし、

年の数の豆を食べ、

はまぐりのお吸い物を飲み、

その年の方角に向かって無言で太巻きを一本むしゃむしゃ食べきる。

子供は耐え切れず笑い始めたり、「もぐもぐもぐもぐ・・・・おいしい!あー!しゃべっちゃったやーん」と

なかなか無言で食べ終わることは難しいものでした。

 

 

最近では、コンビニの戦略で全国的に「恵方巻き」が広がり、

節分の時期には東京でも見かけるようになりました。

皆さんはどのような節分を過ごされましたか?

私は玄関先の飾りや豆まき、はまぐりのお吸い物の用意は出来ませんでしたが

加藤主任がビッグな太巻きを買ってきてくださったので

無事に節分らしいことを一つでき嬉しい一日となりましたhappy01

 

美容の話をしようと思ったのですが

あまりにも「節分愛」が溢れてしまったので、今日は雑談となりましたcoldsweats01

 

 

次回は、冷え症と顔色の話の続きをしたいと思います!

 

 

 

 

顔のたるみ、シワ、むくみ、肌荒れ、お疲れ顔でお悩みの方は

自律神経調整を得意とする

足立区・葛飾区の美容鍼灸は鍼灸指圧専門「本間治療院」まで

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
東京都葛飾区亀有5-15-6

当院facebookはこちら⇒クリック

ページ上部へ